ANESIA本山

  • 来場予約
  • 資料請求
  • 物件概要
  • マンションギャラリー案内
  • 現地案内図
資料請求
来場予約

IMAGE MOVIE

アネシア供給実績

STRUCTURE

梁、柱の最小限化を目指した
ワイドスパン中心の空間設計。
可能にしたのは、デザインと構造の
奇跡的な融合。

縦横に走る耐震壁 × 鉄骨無垢柱 × ボイドスラブ
から生みだされた、
「ウォールガーダー(梁内蔵壁)式RC活用壁構造設計※1」。

※1:最上階を除く

一般的な板状型マンションに用いられるラーメン構造は、800〜1,000mm角の柱が各住戸に6本程必要になり、住戸の真ん中を梁せい700mm程度の梁が通るシンプルな設計となります。この構造はスラブを厚くする必要があるため、天井高に大きなゆとりがとれず開口部の開放感も限られます。「アネシア本山」が小梁を限界まで無くし、さらに約10mのワイドスパンも実現できた理由、それは住戸配置の中心に設けた屋内廊下の壁を「耐震壁」とし、縦横に構造壁を走らせることで構造自体の躯体を支える強度を高めたこと。また、スラブを支える間柱には通常400mm角程度のコンクリート柱なのに対し100×100mm〜100×200mmにとどめることができる細身で地震荷重に強い「鉄骨無垢柱」を採用し、さらにスラブには「ボイドスラブ」を用いて住戸間の戸境壁を「ウォールガーダー(梁内蔵壁)式」(最上階を除く)とすることで梁や柱を限界まで削減。ゆとりの天井高とワイドスパン設計はこれら全ての融合によって成し得る、大空間構造デザインを実現することができました。

扁平梁の採用によってより高い開口部を実現した、
「グランドマルチウィンドウ」。

耐震壁で躯体が保たれた「ウォールガーダー(梁内蔵壁)式RC活用壁構造設計」によって、開口部のバルコニー梁は厚さの薄い扁平梁とすることができ、梁せいを500〜700mm程度に低く抑えられたことでサッシの開口に高さとゆとりをもった「グランドマルチウィンドウ」の設計が実現。角住戸とワイドスパンの住戸比率を高め、さらに大きな開口部によってかつてない開放感を創造。これほど自由な設計でありながら、強度と無駄のない空間美を兼ね備えた邸宅設計。中低層邸宅でしか成し得ない、革新的構造によってこれまでに無い住空間を生みだします。

安心と信頼を支え続ける品質

国土交通大臣の登録を受けた第三者評価機関が、客観的かつ公正な基準に基づいて住宅の性能を評価する「住宅性能表示制度」を導入。設計段階と建設段階の2段階で性能を評価します。

劣化対策等級 最高ランク3

住宅性能表示制度により、住宅を長持ちさせるための対策の程度を示す「劣化対策等級」。本物件は最高ランクの等級3に該当し、3世代(約75〜90年程度)まで大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するため必要な対策が講じられています。

ボイドスラブ工法

コンクリートスラブに銅製パイプのボルト型枠を敷き並べ、I型断面の連続でスラブを形成するボイドスラブ工法を採用。剛性が高く、小梁が少なくなるため広い室内空間を演出します。また、従来の矩形のボイド型枠上面で生じていた共振現象を抑え、軽量床衝撃音にも優れた遮断性能を発揮します。さらに5階住戸は二重床にすることでしっかりとした歩行感を実現します。

※掲載の写真はモデルルーム(Eタイプ・ラグジュアリースイート)を撮影(平成31年2月)したもので、家具・調度品等オプション仕様は販売価格に含まれておりません。※モデルルームの仕様等は、施工上の都合・改良等により一部変更になる場合があります。
※天然石は色・柄等が傷や汚れに見える場合がありますが、天然素材のため変更する事ができません。※設備・仕様はタイプにより異なります。詳しくは係員にお尋ねください。